むくみはセルライトの原因?むくみとセルライトの関係を考える

むくみやすい人の中には太ももやふくらはぎにセルライトができている人が多いといわれています。

むくみの主な原因は不要な老廃物を含んだ水分が体内に取り残された状態です。そして同じようにセルライトも不要な老廃物が溜め込まれる事が大きな原因といわれています。

では、むくみが原因でセルライトに発展するといった関係はあるのでしょうか?

そこでむくみとセルライトの関係について考えてみます。

水分排出のカギはナトリウムとカリウムのバランス


とあるデータによると、外食やコンビニ食の多い女性は、体内に余分な水分を約3リットルも溜め込んでいるとのこと。

不足しがちなカリウムを補給することで、体内の塩分のバランスが整い、不要な塩分や水分を排出しやすいカラダに変えることができます。

手っ取り早くむくみ体質を治すなら、カラダの内側からしっかりサポートしてくれるデトックス・サプリがオススメですよ♪

効果が実感できたむくみ解消サプリを比較

むくみの原因と解消法

セルライトとの関係を知る前にまずはむくみの原因と解消方法を知っておきましょう。

むくみは簡単にいってしまうと、血液が細胞に必要な酸素や栄養成分をとどけた際に、細胞から排出された残りの不要な水分がなんらかの理由でリンパ管や静脈に戻れずに細胞間脂質(細胞と細胞の隙間)に取り残された状態です。

多くの場合、立ち仕事やデスクワークといった同じ姿勢を続けることがむくみの原因といわれていますが、塩分の過剰摂取によって塩分濃度の調整のために過剰に細胞外に水分が取り込まれた場合もむくみは生じます。

また生理前や妊娠中の女性であればプロゲステロンという黄体ホルモンの影響で、水分が取り込みやすい状態が続くためにむくみやすいといわれています。

むくみの具体的な解消方法

むくみを解消する方法としては塩分を控えた食生活、定期的に姿勢を変えて水分を足に停滞させないことが大切ですが万が一むくみが酷いときはリンパの流れを意識したリンパマッサージなどもとても効果があるようです。

ただし本当にむくにくい体質にするには、やはり適度な運動です。むくみを根本的に解消するためには毎日の生活に運動を取り入れて基礎代謝をあげることです。

まず基礎代謝が上がることで新陳代謝がアップし血行が促進されます。むくみの原因のひとつは血液やリンパの巡りが悪いこと、血行不良が改善されれば不要な水分や老廃物もスムーズに排出されるわけです。

運動の効果はそれだけではありません。とくに下半身のむくみはふくらはぎや足全体の筋力不足が大きく関係しています。心臓のような血液やリンパを送り戻すポンプのような役目を担うふくらはぎの筋力がアップすることは、むくみ解消につながるはずです。

セルライトの原因と解消法

では本題であるセルライトの原因と解消法、そしてむくみとの関係について考えてみましょう。

まずセルライトという言葉ですが、医学的には存在しない言葉で主に美容業界やエステサロン業界を中心に利用されている造語のようなものといわれています。

そもそもセルライトという定義もハッキリしていないようで、セルライトの仕組み、どの部分がセルライトなのか?といった部分も曖昧な点が多く、主に表皮の上から確認できる凸凹した状態を指してセルライトと判断しているのが一般的なようです。

セルライトの症状

ちなにみに凸凹した状態の原因は脂肪細胞が老廃物や水分によって肥大し、コラーゲンや線維芽細胞を絡み合い隙間が無くなったために上手く脂肪を排出できなくなった状態と関係しています。

脂肪細胞は脂肪を排出できずに溜め込んだことでさらに老廃物を溜め込みます。そして皮下組織の圧が高まったことで、コラーゲンの詰まった部分と脂肪の柔らかい部分がよりハッキリとなり、結果として表皮の上からみると凸凹した状態に見えるわけです。

つまり脂肪細胞を増やし過ぎないこと、不要な水分や老廃物を溜め込まない体質にかえる事がセルライト予防と解消には肝心です。そのためには血行不良を改善すること、下半身を中心とした継続的な有酸素運動などが効果が大きいでしょう。

気になるむくみとセルライトの関係は?

ではむくみとセルライトに相関関係はあるのでしょうか?

確かにむくみもセルライトも血行不良が大きな原因といえます。しかし正確に区別してしまうとむくみは体内で過剰な水分が細胞外の細胞間脂質に停滞した症状です。問題は水分にあります。よって重力の関係で夕方~夜間は足がむくみ、起床時には顔やまぶたといった皮膚の柔らかい部分がむくみやすいという特徴があります。

その一方でセルライトは水分の問題ではありません。しっかりと栄養の行き届かなかった脂肪細胞がコラーゲンに圧迫されで老廃物が上手に排出できない状態になり、その結果、脂肪細胞が肥大したことで毛細血管やリンパ管が圧迫されて上手に老廃物を流すことができなくなり発生します。

そして毛細血管やリンパ管が圧迫されてしまえば脂肪細胞に栄養が行き届きません、つまりこのセルライトのできやすいサイクルを変えてあげない事には解消できません。むくみが水分の問題なのに対し、セルライトは脂肪細胞とコラーゲンや線維芽細胞のサイクルの問題です。

むくみとセルライトの共通点

ということで、正確には相関関係の無いむくみとセルライトですが解消方法には共通点は沢山あります。冷えや血行不良が大きな原因となること、解消するには血液やリンパの流れを改善し、運動によって筋力アップが効果的なこと。

また相関関係は無いとはいえ、むくみをずっと放置していれば老廃物や水分の行き場が無くなって脂肪細胞に影響を及ぼす可能性も考えられます。もしどちらかが気になる方はまずはセルフケアを始めてみることをおすすめします。

記事

記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする