顔のむくみを治したい!まぶた、目元のむくみの予防と解消方法!

朝起きて鏡を見たら、顔がパンパンにむくんでいて「ヤバい!」といった経験、誰にでもありますよね?

とくに寝不足やお酒を飲んだ翌日はむくみやすいといわれていますが、こんな顔や目元、まぶたのむくみの原因、じつは脚のむくみをはじめとした体中のむくみと深い関係があるようです。

まずは顔のむくみの原因を知り、顔のむくみの予防しつつ、それでも顔がむくんでしまった場合に備えて顔のむくみの解消法を覚えておくとよいでしょう。

水分排出のカギはナトリウムとカリウムのバランス


とあるデータによると、外食やコンビニ食の多い女性は、体内に余分な水分を約3リットルも溜め込んでいるとのこと。

不足しがちなカリウムを補給することで、体内の塩分のバランスが整い、不要な塩分や水分を排出しやすいカラダに変えることができます。

手っ取り早くむくみ体質を治すなら、カラダの内側からしっかりサポートしてくれるデトックス・サプリがオススメですよ♪

効果が実感できたむくみ解消サプリを比較

顔がむくみやすい理由とは

朝起きた時の顔のむくみ、これは簡単にいってしまうと体内で行き場の無くなった水分が、就寝中、下半身から上半身、とくに顔に集まってしまった状態です。

日中は立ったり座ったりの姿勢が多いため、重力の関係で脚がむくんでしまいますが、眠っている間は誰でも数時間は横になっています。

その結果、水分が上半身、とくに皮膚の柔らかい顔に集中してしまうのです。単純にむくみの原因の水分が移動しただけですね。

ですから、朝起きた時はバンバンにむくんでいた顔が、お昼ごろにはスッキリしてきますよね?これは顔に停滞していた水分が、重力の関係で再び脚に移動したということです。

つまりむくみの原因である水分が下半身に移動しただけで、根本的なむくみは解消された状態とはいえません。解決するにはむくみの原因をみつけて取り除いてあげる以外に方法はありません。

顔のむくみの原因と予防

このように、顔を中心とした上半身と下半身を行ったり来たりしている不要な水分を根本的に取り除くことが、顔のむくみを解消する唯一の方法です。

稀になんらかの病気を原因としたむくみのケースもありますが、お昼ごろにはスッキリしてしまうむくみについては病気が原因といった深刻な状態ではありません。

一過性の生理的なむくみと考えられますので、毎日の生活習慣を見直すことで徐々に解消できるはずです。

飲酒によるむくみ

アルコールには利尿作用があるため、お酒を飲み過ぎてしまうとおしっこが近くなり脱水症状を引き起こします。そのため、体は脱水症状を改善しようと無意識に水分を補給し、過剰に水分を摂取した結果、むくみの原因となってしまいます。

さらに寝ている間は、抗利尿ホルモンという水分の吸収力をあげるホルモンが脳から分泌されるので、余計に水分を取り込みやすくなっているのもむくみの原因といわれています。

もし翌朝のむくみが心配であれば、肝心なのはお酒を飲み過ぎないこと、そして脱水症状を引き起こす前にコマメな水分補給を心がけることです。

またお酒の席では塩分の多めの料理が多いと考えられますので料理やおつまみの塩分摂取量なんかも意識しておくとよいでしょう。

塩分の過剰摂取によるむくみ

塩分の多い食事によって体内の塩分濃度が高まると、細胞内と細胞外の浸透圧のバランスが崩れてしまいます。

その結果、通常では細胞内にとどまるはずの水分が細胞外に滲み出てしまい、細胞間質液が増えてしまいます。こういった毛細血管や細胞内から滲み出て戻れなくなった水分がむくみの直接の原因です。

もちろん塩分摂取量が多いと体内の塩分濃度を元の状態に戻そうと、体は過剰に水分を摂取するようにできています。これも塩分の過剰摂取はむくみやすいといわれれる原因のひとつです。

海外の食生活に比べ、塩分摂取量の多い日本の食生活です。もちろん最低限の塩分は健康上、必要ですが、過剰な塩分はむくみ以外にも多くの生活習慣病につながります。

外食で無理な場合もあるでしょうが、自宅での食事の時くらいは塩分を控えた献立を意識しておきましょう。

減塩醤油のような減塩商品を利用する、素材の味を楽しむ、塩分の代わりにスパイスやハーブを生かして味付けするといった工夫で徐々に塩分を減らしていくことでむくみにくい体質に変えていきましょう。

もちろんインスタント食品やジャンクフードはむくみには大敵なのは言うまでもありません。

基礎代謝低下のむくみ

基礎代謝が低下することで新陳代謝が下がることは血流も悪くなり、より水分や老廃物が顔や手足に停滞しやすくなるということ。

また、体中の筋肉量が落ちることはポンプの役割を上手に果たすことができないという意味です。顔や手足に取り残された水分はむくみとなった体に現れます。

基礎代謝アップにはジョギングやウォーキング、ヨガといった毎日の適度な運動や、栄養バランスの良い食生活が肝心です。

体重を気にして摂取カロリー制限する人も多いですが、ポイントはタンパク質、炭水化物、脂質をしっかりバランス良く摂取することです。せっかくダイエットに成功して痩せてもむくみやすい体質だと、それ以上に太って見えてしまいますからね。

栄養不足のむくみ

飲酒も塩分も意識しているのに、なぜだか毎朝、顔がむくんでしまう…といった方は体に必要なミネラルやタンパク質が不足している場合があります。

ダイエットによる食事制限や、外食中心の食事によって必要なミネラルやタンパク質が不足してしまうと、体は水分を取り込みやすくなってしまいます。

とくにカリウム、カルシウム、マグネシウム等のミネラル分は不足しがちな成分です。むくみの原因の可能性もあるので意識して摂っておくとよいかもしれません。

それでも顔のむくみができた場合のむくみ解消法

ここまでに紹介してきた顔のむくみ予防を実践していても、時にはむくんでしまうケースもあるはずです。

その場合、まずは血液の循環やリンパの流れを促進し、顔の皮下に溜まった水分や老廃物を取り除くことが大切です。朝の時間の無いタイミングでも可能なむくみ解消マッサージと効果的な冷温反復療法を紹介しておきます。

顔のむくみ解消に効果的マッサージ

kaonomukumi

  • アゴの先端から耳に流れるように両サイドに軽く引っ張り上げるようにマッサージ
  • 口角、小鼻から真横に伸ばすようにマッサージ
  • 目頭から目の下を通過してこめかみに抜けるように軽く引っ張り上げる感じでマッサージ
  • 額の中心から真横に向かい伸ばすように、また生え際にむかって引き上げる感じでマッサージ
  • 生え際の中心からゆっくり両方のこめかみに向かい、カーブを描いて伸ばすようにマッサージ

冷温反復療法

熱めの蒸しタオルを用意して数分間、顔に当てた後に氷水で洗顔するといったセットを2~3回繰り返すような冷温反復療法もむくみ解消の即効性が高い方法です。

温めて流れの良くなった血流を急激に冷やすことでむくみが短時間で解消されるはずです。

記事

記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする